電子交換所の仕様に準拠

電子手形交換システム

2022年、交換業務の運用が現物交換からイメージデータ交換に変更となります。本システムはイメージデータの送受信、後続処理をサポートします。

電子手形交換システム

想定機能

電子交換所の仕様に準拠しシステムを構築致します。

持出側:手形現物をスキャン。OCR等を活用し電子交換所に送信が必要な情報を確定。確定させた情報を基に電子交換所が定めている命名規則の基、ファイル名を自動生成。

持帰側:手形と証券の明細をダウンロード。OCR等を活用し証券項目の確認補正を実施しデータを確定する。確定したデータを基に口座引落データを作成。

お気軽に資料請求ください。

様々な課題解決事例集をご用意しています。
お気軽に資料請求ください。