イベント・セミナー

モノづくり強化 セミナー開催(10月18日、19日)

2017年09月01日

seminar201710_monozukuri_title.png主催:北陸コンピュータ・サービス
seminar201710_monozukuri_illust.png

拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申しあげます。
 これまで日本経済を支えてきた「ものづくり産業」。今後、日本の生産年齢人口の大幅な減少が見込まれる中で、人材の確保に一層の厳しさを増すことが課題となっています。そんな中、より優れた人材を確保し現場力を維持・ 向上させていくためにも「現場業務の効率化」 や 「働き方改革」を進めることが重要となります。
 しかしながら、IoT 等のデジタル技術活用への意識は高まっているものの、IoT の言葉ばかりが先行し"実際、何から取り組めば良いのか・・・"との声を耳にするのも現状です。そのような皆様のお悩みを解決するべく、本セミナーでは IoT への取り組みの第一歩として、導入事例を中心に製造現場の業務効率化についてご紹介させていただきます。
 ご多用中とは存じますが、ぜひご参加いただきたく、ご案内申しあげます。                               敬具

seminar201710_monozukuri_gaiyo.png

《第1部》
生産/工程管理・改善の必須アイテム!『ms-Machine monitor(マシモニ)』(50分)

IoTへの取り組みには、高額な最新機械の導入が必須とお考えではありませんか? 既設機械から自動で稼働状況を収集し、リアルタイムに状況把握が可能となる『ms-Machine monitor(マシモニ)』を事例を交えてご紹介いたします。「稼働時間の集計・分析作業」や「機械・部品のメンテナンス管理」などの管理作業の軽減や、情報共有による組織的な「カイゼン活動」を支援する仕組みとして、その効果をご覧ください。

《第2部》
面倒な実績入力は不要!工程進捗を簡単に見える化!!『ターコイズEASY-IoT』(20分)

製造現場の使命は、「安全」に「品質」の高い製品を「予定通り」に進めることにあります。しかし、製造実績の記載・入力が、現場に負担を掛けるケースが数多くあるかと思います。
実績が「勝手」に収集される仕組みを目指し、「ターコイズ EASY-IoT」を開発しました。ポストに指図書・作業者カードを挿入するだけで実績収集可能となった実例と、今後の機能拡張についてご紹介します。

《第3部》
「現場帳票」の記録・報告・閲覧工数を60%削減!『ConMas i-Reporter』(20分)

製造日報や報告書など日頃使いなれている紙帳票を"そのまま"電子帳票に。
タブレット運用なので「作業現場でも報告書を作成」でき、また日々の業務において発生しがちな「システムへの転記ミスや漏れ」「手集計の手間」などのお悩みを解決いたします。
今後、製造現場で欠かせなくなる『ConMas i-Reporter』、事例を交えてご紹介いたします。

 

seminar201710_monozukuri_date.png

  • 福井  10月18日(水) 10:00~11:45 中小企業産業大学校
  • 金沢  10月18日(水) 14:30~16:15 金沢勤労者プラザ
  • 高岡  10月19日(木) 10:00~11:45 高岡エクール
  • 富山  10月19日(木) 14:30~16:15 北日本新聞社 創造の森 越中座

※詳しくはパンフレットで。


申込ボタン.png